2018年06月27日

よくみると

e tyo bee_edited-1.jpg

月初めに暑い日が数日続いたと思ったら、
また寒い日が戻ってきて、
なかなか半袖を着る機会がないまま
夏物衣料セールが始まりそうです。

子どものころは、夏になると
緑色のプラスチック製籠をもって
昆虫採取をしていた記憶があります。
でも大人になるにつれ何故か
虫全般が苦手になっていました。

中でも一番警戒すべきは
こちらの顔を目指しているかのように
ひらひらと舞うちょうちょの類。
見かけたら「ひゃっ!」っと一瞬
かたまってしまうくらいでした。

でも私の絵本の中では、
蝶や蜂たちは季節を感じるための
貴重な役者さんです。そんな時、
まずは昆虫図鑑からじっくり観察。
そうすると新しい発見もあります。

接写で大写しした蝶をみると、
ふわふわの毛に大きな瞳。
なんというか
何かかわいい動物の
ぬいぐるみみたいな顔なのです。
しかしこの発見、
なかなか他の人には賛同してもらえません。
posted by suzumikawamura at 11:33| らくがき | 更新情報をチェックする