2020年04月18日

お話 ぼくのさんぽ6

image.png

お隣の庭に植えられていた
椿の木が踊っている。
近づいていくと、それは椿じゃなくて、
波にゆれているワカメだった。

ぼくのすぐ側を見たこともない
色鮮やかな魚が
群れをなして泳いでいった。
ぼくは、タコになって海の底にいた。
posted by suzumikawamura at 12:56| お話 ぼくのさんぽ 10話 | 更新情報をチェックする