2020年05月15日

お話 じまんやニョロロ1 全6話

p yabu.jpg

ながながへびの ニョロロは、自慢屋です。
「どう、ぼくの なが〜い体。
 りっぱでしょう。
 このオレンジ模様も、なかなか
 いけてるよね。」
毎日、自慢話をながながとくりかえすので、
みんな、ニョロロの話に
あきあきしていました。

「あ。ちょっと、急ぐんだ。さよなら。」
 ニョロロを見ると
 誰もが逃げだします。
「ねえ。聞いてよ。
 あ〜あ。何だよ、もう。」

ある日。ニョロロは、
また誰かに自慢話をしようと、
原っぱにでかけました。
長い体で、くねくねと。
ニョロロ、ニョロロ〜。
「誰か、ぼくの話を聞いてくれないかなあ。
 ん?おや、変だな。前に進まないぞ。」
ニョロロの長い体が、
まるで綱引きのロープみたいに、
ぴんと伸びています。
posted by suzumikawamura at 11:43| お話 じまんやニョロロ 6話 | 更新情報をチェックする