2014年12月04日

おしゃべりなうさぎの光る石のはなし 13

e osya13.jpg


星の子が光ると、本当に
夜空がそこにあるみたいでした。
しんと静かな夜でしたから、
川のさらさら流れる音と、
星の子のピカリピカリ歌う声が、
森中に響いていました。

そのうち
「ぼくはここ、わりと気に入ったよ」
なんて言いながら、口笛をふいたりしてねえ。
それで、わたしはそのまま途中でお別れして、
一人で巣穴へ帰ってきました。
夏の始め頃だったかな。

それが今日、森を散歩していたんですけどね。
風に乗ってあの歌が、
ざわざわと聞こえてきたんですよ。              

ぴかぴか ガラスに 銀細工
なんだか 夜空 みたいだよ
ひんやり ガラスに 光る星
ほらほら 夜空 みたいでしょ
               
             〜つづく
posted by suzumikawamura at 20:37| お話 おしゃべりうさぎ 15話 | 更新情報をチェックする