2014年12月08日

おしゃべりなうさぎの光る石のはなし 14

e usa a.jpg

セイタカアワダチソウが、
黄色い帽子を秋風に揺らしながら歌っていたんです。
それを聞いたとき、この歌はもしかして
あの子の歌かもしれないって思いましてねえ。

あの子の歌を聞いた花たちが
うわさ話をしているんじゃないかって。
だから、森からずうっと走ってきました。
ときどき立ち止まって、耳を澄ましながらね。

それでこの店の前までたどり着いたんです。
ほら、この髪飾りの上のももいろの石。
わかるでしょ、星の子ですよ。

あのあとずうっと流されて
海までたどりついたんですね。
それで、海の上でも
あんまりきれいに光っていたから、
きっとエサと間違われて
魚に食べられちゃったんでしょう。
で。そのあとここに、ね。

             〜つづく

*次回のNo.15でこのおはなしは終わりです。
posted by suzumikawamura at 12:07| お話 おしゃべりうさぎ 15話 | 更新情報をチェックする