2015年12月01日

ビスケットのお礼 1 全6話

『6時にはかえってくること』
これはお母さんとの約束です。
それが、もう6時を10分もすぎたところ。
あさちゃんは、あわてて家のドアを開けました。
「あ!」

驚いた事に、あさちゃんの足元には、
まっすぐな道が続いています。
今、ドアを開けて玄関へ入ったはずなのに、
ここはどこでしょう。

振りかえると、
そこにあるはずのドアも消えています。
すぐそばにはたくさんのツルがからまった
古い木の柵がみえました。

ツルのあちこちに
不思議な形の花が咲いています。
薄紫色の花びらの内側には
細い花弁が丸い文字盤のように並び、
花の真ん中には、時計の針のような
3本のおしべが見えます。
いつか図鑑で見た事のある時計草の花でした。

「どうなってるの?」
どうしたことか、いままで見た事が無い景色です。

〜つづく
posted by suzumikawamura at 09:49| お話 ビスケットのお礼 6話 | 更新情報をチェックする