2015年12月12日

ビスケットのお礼 5

一人になって、急に心細く
泣きそうになったとき、
すぐ先に見える家のベランダに、
なんだか見覚えのある茶色い
プランターが見えました。

「家だ!」
お母さんが、あさちゃんのお弁当用にと、
この春に植えたプチトマトでした。
あさちゃんは大急ぎで玄関へ向かいました。

「ただいま!」
「あら、おかえり」
お母さんの声です。
約束の時間をとっくにすぎたのに、
のんびりした声でした。
不思議に思って時計を見ると、
まだ6時になったばかりです。

「あれれ、どうして…?」

その時、窓の向こうで、大きな音がしました。
ドシーン、バタバタ。フニャー。

〜つづく

posted by suzumikawamura at 08:56| お話 ビスケットのお礼 6話 | 更新情報をチェックする