2015年12月20日

海の底でのむソーダ水 3

「ここに、もう一冊あったのかも。
 貸し出し中かな」
念のため、隙間に手を差し込んでみました。

するとぶつかる物もなく
ことちゃんの手首がすっぽり隠れました。
「あれ!何もない。むこうのかべは?」

あわてて手をひっこめて、一歩あとずさり
ことちゃんは自分の手のひらを確かめてから、
目の前の本棚を見つめました。
隣の本の大きさを考えると、
本棚の深さは手のひらが
ちょうど隠れる程しかないはずです。

ことちゃんは、もう一度本棚の前にすすむと、
今度は本の隙間をのぞいてみました。

〜つづく(3/12)
posted by suzumikawamura at 15:43| お話 海のソーダ水 12話 | 更新情報をチェックする