2015年12月25日

海の底でのむソーダ水 5

(うわあ、それにしても、
 あんなにたくさんのソーダ水。
 いくら潜水艦でも、
 瓶の重さで沈まないのかなあ)

本の中に出てくる船長は、
メロンのソーダ水が大好きでした。
いつでも飲めるようにと、大きな木箱に
たくさんのソーダ水の瓶をつめこんで、
潜水艦の自分の部屋いっぱいに並べていました。

船長は、その部屋のまんなかに立ち、
壁に貼った宝の地図をみつめて
何か考え事をしている様子です。

左手で銀色の長いあごヒゲを
もしゃもしゃとひっぱりながらつぶやきました。

「この形は…。はて、何のしるしだろう」

〜つづく(5/12)
posted by suzumikawamura at 16:31| お話 海のソーダ水 12話 | 更新情報をチェックする