2018年06月27日

よくみると

e tyo bee_edited-1.jpg

月初めに暑い日が数日続いたと思ったら、
また寒い日が戻ってきて、
なかなか半袖を着る機会がないまま
夏物衣料セールが始まりそうです。

子どものころは、夏になると
緑色のプラスチック製籠をもって
昆虫採取をしていた記憶があります。
でも大人になるにつれ何故か
虫全般が苦手になっていました。

中でも一番警戒すべきは
こちらの顔を目指しているかのように
ひらひらと舞うちょうちょの類。
見かけたら「ひゃっ!」っと一瞬
かたまってしまうくらいでした。

でも私の絵本の中では、
蝶や蜂たちは季節を感じるための
貴重な役者さんです。そんな時、
まずは昆虫図鑑からじっくり観察。
そうすると新しい発見もあります。

接写で大写しした蝶をみると、
ふわふわの毛に大きな瞳。
なんというか
何かかわいい動物の
ぬいぐるみみたいな顔なのです。
しかしこの発見、
なかなか他の人には賛同してもらえません。
posted by suzumikawamura at 11:33| らくがき | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

かば

e kaba2.jpg

先日札幌円山動物園に行って来ました。

ホッキョクグマ館では
水中を元気に泳ぐ
しろくまくんたちを
たっぷり見ることができました。

その後帰りがけに
カバ舎へ。

こちらも水中の様子を
観察することが出来るように
なっていました。
アップでみると、
ますます大きな顔でかわいい表情。
カバくん観察、おすすめです。
posted by suzumikawamura at 13:27| らくがき | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

作られる程の…というオドロキの寒さですニャ

e nekoraku.jpg

少しまえ、新聞のコラムで
「冬本番、明け方の気温が
氷点下20度になり、
校庭にはスケートリンクが
つくられるほどの寒さです。」
とあり、痛いくらい冷たい
空気を思い出しました。

子どものころ住んでいた道東では、
冬場はスケートの体育授業でした。
先生達大人がホースで水を巻いて
校庭にスケートリンクをつくります。

どれくらいの頻度でお手伝い
していたのかは忘れましたが、
子ども達は腕を組んで一列に横並び、
長靴で踏みしめ氷を固めました。

鼻がキンキンする寒さは
今も覚えています。
posted by suzumikawamura at 11:09| らくがき | 更新情報をチェックする