2014年11月01日

おしゃべりなうさぎの光る石のはなし 3

e p-oysa3.jpg


ああ、すみません。名前もまだでしたね。
わたしは、このずっとずっとさきの森にすむうさぎです。
おしゃべり好きなんで、みんなわたしのことを、
おしゃべりうさぎってよびます。

森では、大きな木の根元に巣穴を掘っていて、
夜はそこに眠るんです。
夏はひんやり涼しく、冬はぽかぽかあたたかく、
とてもいごこちがいいんですよ。
でもね。今年の夏、ちょっと困った事がありまして。
というのもね、どうにも夜になるとぱっちり目がさえて、
眠れなくなりましてね。

                〜つづく
posted by suzumikawamura at 09:59| お話 おしゃべりうさぎ 15話 | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

おしゃべりなうさぎの光る石のはなし 2

e osya4.jpg


わたしね、前にもこの桜の花びらのように、
やわらかな優しいももいろの光を見た事があるんです。
いや、わたしの物っていうのとは
ちょっと違うんですがね。
この石はもともとここに?
ああ。魚のお腹から…なるほどね。

わたしがどうしてこんな町なかまで来たのか、
それは不思議ですよね。
ほら見て下さいよ、この長い耳。
ほかのうさぎにくらべても
ずいぶん立派だと思いませんか。
いろんな音がね、それはそれは
よく聞こえる耳なんですよ。ええ。
そのおかげで、ここにたどり着いたって訳でして。

ほら。あそこの川沿いあたり、すごいでしょ。
土手に咲くセイタカアワダチソウが。
あの風のゆれて、おしゃべりする音。歌う声が。

サワサワ、ザザザ
ってね。

               〜つづく
posted by suzumikawamura at 08:06| お話 おしゃべりうさぎ 15話 | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

おしゃべりなうさぎの光る石のはなし 1(全15)

e usab.jpg

あの、ちょっと話を聞いて下さい。
ええ、ええ。
おかみさん、シャッターを閉めるところでしょ。
お店がもう閉まる時間だっていうのはわかってます。
うさぎがこんな町なかの商店街まで来たのも、
そりゃあちょっとおかしな事でしょうけど。
でもね、ちょっとだけ。

あ、いえ。わたしはここのままで。
あの、じゃあ。このレンガの上にすわります。
ええと…。
ほら、このショーウィンドウの中の、
銀細工の髪飾りなんですがね。
そう、このももいろに光る石がついた。

いいえ、髪飾りが欲しいんじゃないんですよ。
だいたいわたし
宝石や飾り物なんて特別に集めている訳じゃないし。
それほど詳しい訳でもないんでね。
ただ、この石は特別なんですよ。

                〜つづく

:::::::::::::::::::::::::
このお話は、児童文学創作研究会「宙」発行の同人誌
宙(SORA2号)に収録されたものです。
今日から15回にわけて掲載いたします。
感想などありましたら、カテゴリ内「連絡先はこちら」
記載のメールアドレスまでいただけるとうれしいです。
                かわむら すずみ

posted by suzumikawamura at 13:09| お話 おしゃべりうさぎ 15話 | 更新情報をチェックする