2016年11月03日

ゆきと人形のゆめ 10

空からは、ひかりの粒がふりだしました。

人形は、長い髪の上にキラキラ光る雪をうけ、
ふわり、ひらりと輝くように踊っていました。

お母さんに手をひかれていた小さな女の子は、
からくり人形を指差しながらうっとりしています。
「きれい、みてみて!」

人形は仲間と一緒に、光のなかで
くりかえしくりかえし踊り続けました。

(おわり)

*********************
きょうは朝起きたら一面の雪。
まだ11月にはいったばかりですが、
今年は早いですね。
秋のうちに見に行こうと思っていた
庭園にまだ行けていないのですが…。
週末晴れますように。

posted by suzumikawamura at 08:56| お話 ゆきと人形 10話 | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

ゆきと人形のゆめ 9

パラッパー、トン、トトン。クルリ、フワリ。

広場を歩いていた人が、
時計の音楽に気づいてたちどまりました。
扉の外では人々が集まって
こちらをみあげています。

フワ、フ、フワ。

(つづく 9/10)
posted by suzumikawamura at 08:17| お話 ゆきと人形 10話 | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ゆきと人形のゆめ 8

『今日から、ぼくらの仲間だよ!』
トラが、ドラムのスティックを
大きくまわしながらいいました。

『仲間ね!うれしい。どうぞよろしくね。』
人形は楽しい音楽を聞くと、
ついさっきまでの悲しい気持ちも忘れて、
くるくると踊りたくなってきました。

長い髪の人形は、
大時計の中のからくり人形でした。

(つづく 8/10)
posted by suzumikawamura at 08:53| お話 ゆきと人形 10話 | 更新情報をチェックする